*友人の皆様、これから友人になっていただきたい皆様へ*

 こんにちは、初めまして。私たちは、京都に住む女たち数人の集まりです。

皆様に あるお願いとお知らせをしたく書いております。

 

 まずは自己紹介をさせて頂きます。
始まりは、福島から原発避難してきた女たち4人が出会った事からでした。私たちは311のあの日から、荒波に放り出されたような思いもかけない激動の人生を歩む事になりましたが、京都でたくさんの素敵な出会いに励まされながら、それぞれ活動してきました。理不尽さに翻弄される様々な想いを解り合える大切な友人たちができました。

 

 そしてこの3年半でわかったことは、『普通にいのちを大切にする社会に生きたい』という女性たちがたくさんいる!ということでした。一人の女性として母親として、純粋に思う心の声が誰にも在るということでした。同時に多くの女性たちが、「なのにどうして、そのような社会にならないの?」「子ども達の未来は大丈夫だろうか?」と、不安や怒り、悲しみも抱えています。

 

 でもそれ以上に、私達は「笑顔と信頼に支えられた生きる力は伝染し広がる」ということも知っています。深い喪失感と困難の中から学んだ確かなものです。想いを語り合ううちに希望を感じ、私たちも何かできるのではないか、社会にひとしずくの波紋を落とせるのではないか、と思い至りました。

 

 その第一弾が、今私たちが計画している<女たち・いのちの大行進in京都>です。

 実は「女たち・いのちの大行進」は、2014年5月に上野恩賜公園で開催されました。全国から約1000人が集まり、「戦争や差別、原発や核のない世界へ」という女性たちの祈りを発信しました。
 私たちはこの時の皆の想いを、是非この関西でも共有したい、そしてさらに多くの女性たちと心と手をつなぎたい!と強く思っています。
 そこで、2015年5月16日、京都市の円山公園音楽堂で、一日の祭典を開催します。女たちで集い語り、食べ歌い踊り、そして京都の街を歩きます。

 

 皆さんへのお願いです。どうぞ力を貸して下さい。私たちはただ熱き想いと信頼を持ち寄ったひとりひとりの女たちの集まりです。もっと多くの仲間、賛同して下さる方が必要です。お知恵の援助、当日スタッフ、資金援助、ご賛同いただける個人・団体を募っています。ぜひご協力をお願い致します!


2014年12月28日
              「女たち・いのちの大行進 in 京都」実行委員会 
井坂洋子(京都市)、井上美和子(福島県→京都府綾部市)、
うのさえこ(福島県→京都府木津川市)

菅野千景(福島県→京都府宇治市)、坂本真有美(京都府京田辺市)、篠原幸子(京都市)

鈴木絹江(福島県→京都市)、橋本ちあき(福島県→京都市)、蒔田直子(京都市)

 

連絡先

Phone:080-7964-0511

Fax:0774-63-0023

E-mail:inochi2015@gmail.com